2F ソット
2024.05.15
京都で愛され続ける雅な扇子。風情感じる京扇子のご紹介。

京都で愛され続ける雅な扇子。風情感じる京扇子のご紹介。

日本の夏を象徴する扇子。

扇子の名産地として知られる京都で作られた扇子は京扇子と呼ばれ、海外でも人気が高まりつつあります。

本コラムでは、そんな平安時代から長年愛され続ける、京扇子の魅力をはじめ、sot(ソット)が販売している京扇子をご紹介します。

風雅な姿が特徴の京扇子

京都府と滋賀県の限定された地域で生産されている京扇子。

すべての京扇子の生産はこの限られた地域で行われており、「京扇子」という呼び名は京都の扇子団扇商工協同組合だけが使用できるものとなっています。

京都産の扇子は、古くから役職の高い人間のみが使うことのできる扇子として用いられており、現在も格式高い儀式などでよく見ることができます。

時間をかけて生まれる扇子

一般的な京扇子は、以下のような加工と作業を経て生産されています。

  • 扇骨加工
  • 地紙加工
  • 絵付け
  • 折り加工
  • 仕上げ加工

それぞれの加工に付随する作業工程の数はなんと80以上。

上記のほとんどが手作業による高度な技術を必要とされています。

また、生産体制は完全分業制となっており、扇骨を作る骨屋、紙を仕入れる紙屋、紙を折る折屋、組み立てを行う付け屋など、数々の専門業者が存在しています。

所作を美しく魅せる

京扇子の特徴は、扇骨と呼ばれる芯の数が多いこと。

扇骨が多いことで耐久性に優れており、さらに上質な扇骨は滑らかな開閉を実現しています。

その流れるような美しい所作は、大人の逸品に相応しく、現在でも多くの人を魅了しています。

平安時代から受け継がれる京扇子の歴史

京扇子の歴史は古く、その起源は今から約1200年前の平安時代にまで遡ります。

もともと、京都近辺には扇子の主材料となる品質のよい真竹が採れる地帯が多く広がっており、当時の都の中心部からほど近い距離にも真竹が採取できる地帯があったことから、京都は地理的な理由から扇子の一大産地となりました。

当時は和紙が大変貴重なものであったため、京扇子は一部の限られた貴族と僧侶のみが使うことのできるものでした。

また、当時の京扇子は、基本的には和歌を書く“木簡(もっかん)”としての役割を果たしていたとされており、蛇腹状に小さくに折りたためる点が重宝されていたそうです。

江戸時代に入ると、それまで素朴な雰囲気であった京扇子は装飾性を一気に増して、能・演劇・茶道に用いられるようになり、江戸時代の半ばには、庶民の生活にも広まりました。

以降、京都の扇子に携わる仕事は「京の三職」に位置付けられ、京都の重要な伝統産業品として全国に知られるようになりました。

sot(ソット)の京扇子のご紹介

sot(ソット)では、京扇子に羊革を貼り合わせた「革 京扇子」を販売しています。

「羊革を使って日本の伝統工芸品を作ってみたい。」というデザイナーの熱い想いから企画が始まり、京都で百年以上続く老舗の扇子メーカー「大西常商店」とのコラボレーションによって完成しました。

sot(ソット)では、この京扇子を毎年色を変えて販売しており、扇子が好きな方々に高い評価を頂いています。

職人技が光るディテール

紙の扇子にも引けを取らない、スムーズな開閉を実現するため、羊革は極度まで薄く漉いて貼り付けています。

柔らかい羊革を扇子に使えるまで薄く漉く作業は、超高度な技術を持った職人にかできない難易度の高い作業となります。

扇子の裏面にシルク生地を合わせて強度を持たせ、末永く愛用することのできる特別な一本に仕上げました。

専用のケース付き

大切な扇子を傷から守る専用のケースには、耐久性のある牛革を採用しています。

また、撥水加工が施されているため、どんな場所でも気軽に扇子を持ち運ぶことができるようになっています。

リンク:オンラインストア / 革京扇子

まとめ

いかがでしたでしょうか?

京都が誇る伝統工芸品である京扇子。

京扇子の華麗なる歴史を知れば、より楽しんで扇子を使うことができるはず。

気になった方はぜひ各店舗にて製品をご覧ください。

リンク:オンラインストア / 革京扇子

sot公式サイト
https://sot-web.com/

一覧ページへ戻る